FC2ブログ
クレジットカード防犯のポイント! TOP

クレジットカード防犯のポイント!  新着情報

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近のクレジットカード事情【こんな犯罪もあり!】 その2

こんにちは!
まゆきママです!!

前回の記事の続きです。


友人夫婦に起きたクレジットカードを巡る事件。

今回驚いたのは、本人たちが氣づく前に、銀行側がそれを知り、把握したことです。
銀行側は、普段は買わないようなものを旦那さんのカードが決済したので怪しく思い、電話して確認したというのです。

犯罪者もすごいですが、銀行もそういう仕事をしているんですね~。膨大な量でしょうに、なんだかスゴイと思いました。

結局そのクレジットカードは使えなくなり、旦那さんはナンにも悪くないのにカードを作り替えることになり、引き落とし口座などの様々な手続きにしばし追われる羽目になったとのことです。

ちなみに、こうした犯罪に自分のクレジットカードが使われた場合、カード会社で保険に入っていた場合は補償されるため、旦那さん自身に被害はなかったとのことです。

このクレジットカードの保険は、カード会社によっては入っていない場合もありますので、あなたのカードが保険にはいっているのかどうか、一度確認してみるのもいいかもしれませんね。

それにしても、旦那さんのクレジットカードはずっと家の中にあったというので、とても不気味で恐ろしい出来事でした。

みなさんも、どう気を付けて良いのか分かりませんが、こうした銀行からの連絡がない場合は、買い物をしたときのレシートを取っておき、きちんと毎月の明細をチェックするようにしましょうね。
怪しいと思ったら、すぐに警察へ!!

このあと、もう一つのクレジットカードによる犯罪事例もご紹介しますね。
こちらは本当にかわいそうな事例です。
皆さんのみにもいつ起きるか分からないので、心にとめて欲しいと思います。

読んでくれてありがとうございました!
次回も楽しみにしていてくださいね!!
スポンサーサイト

クレジットカード犯罪防止のポイントについて

こんにちは♪ まゆきママです~♪♪ クレジットカードについて勉強している、2児のママです~♪ 賢く便利に使って、快適なカードライフを送りたいと思っています♪ クレジットカードは、キャッシュレス全盛の現代、今や誰もが持っていて当たり前の時代です。
1人で数枚、なかには10数枚持っている方も。

それらのカードはすべて活用できていますか?
また、クレジットカードの安全性について、考えたことはありますか?
クレジットカードにまつわる犯罪が世界中で起こっています。
それは、決して他人事ではありません。

このサイトでは、最近問題になっているカード犯罪(クレジットカードやキャッシュカードなど)について詳しく解説するほか、持って安心できるクレジットカードについても、紹介していきたいと思っています。

☆参考サイトおよび文献
日本クレジットカード協会
  クレジットカードこれだけ知れば怖くない(岩田昭男著)

クレジットカード基礎知識

こんにちは! まゆきママです~♪ クレジットカードについての基礎知識編、今日はズバリ、 「クレジットとは?」です♪ ●クレジットとは?
『信用』『信頼』『融資』『信用貸し』などの意味があります。

●クレジットカードとは?
消費者の信用に基づいて発行されるカードのことをいいます。
カードを提示する事で、「つけ」で物を買ったり、サービスを受けることができます。
消費者は、このクレジットカードを使い、一定条件~有効期限や利用可能額の範囲内での利用、会員規約の遵守など~で、クレジットのシステム、つまり代金後払いで商品を購入したり、サービスの提供を受けることができるのです。
クレジットカードの本場、アメリカでは支払いを現金ではなくカードで払うことで信用を得られます。日本はまだまだ現金社会ですが、最近はカードでの支払いも一般化してきています。

●利用限度額について
これは各カードによって異なります。利用状況により増減し、消費者には利用明細等で通知されます。
ご自分のカードの利用可能額がいくらなのかを把握し、可能な金額内での利用を心掛けましょう。

●有効期限について
数年の期間で設けられることが多いようです。
期限を過ぎたカードは利用することができません。期限の終了が近づくと、利用などに問題がなければカード会社から通知があり、新たに更新されたカードが送られてきます。

Copyright (C) クレジットカード防犯のポイント! . All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。