FC2ブログ
クレジットカード防犯のポイント! TOP  ≫ クレジットカード基礎知識

クレジットカード基礎知識

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカード基礎知識

こんにちは! まゆきママです~♪ クレジットカードについての基礎知識編、今日はズバリ、 「クレジットとは?」です♪ ●クレジットとは?
『信用』『信頼』『融資』『信用貸し』などの意味があります。

●クレジットカードとは?
消費者の信用に基づいて発行されるカードのことをいいます。
カードを提示する事で、「つけ」で物を買ったり、サービスを受けることができます。
消費者は、このクレジットカードを使い、一定条件~有効期限や利用可能額の範囲内での利用、会員規約の遵守など~で、クレジットのシステム、つまり代金後払いで商品を購入したり、サービスの提供を受けることができるのです。
クレジットカードの本場、アメリカでは支払いを現金ではなくカードで払うことで信用を得られます。日本はまだまだ現金社会ですが、最近はカードでの支払いも一般化してきています。

●利用限度額について
これは各カードによって異なります。利用状況により増減し、消費者には利用明細等で通知されます。
ご自分のカードの利用可能額がいくらなのかを把握し、可能な金額内での利用を心掛けましょう。

●有効期限について
数年の期間で設けられることが多いようです。
期限を過ぎたカードは利用することができません。期限の終了が近づくと、利用などに問題がなければカード会社から通知があり、新たに更新されたカードが送られてきます。

スポンサーサイト

クレジットカードの分類~5大ブランドについて

こんにちは!まゆきママです♪ ここでは、クレジットカードの分類について書きますね♪ 厳密な意味でクレジットカードを分類すると、以下の5種類に分けられます。

☆VISA(ビザ・インターナショナル)
☆Mastercard®
☆アメリカン・エキスプレス(アメックス)
☆JCB
☆DinersClub

これらはカード会社ではなく、国際ブランドといわれているもの、カードネットワークの運営主体のことです。

クレジットカードは、会員を増やしカードを発行する「イシュアー業務」と、利用できる店を開拓し増やしていく「アクワイアリング(加盟店開拓)」があります。
カード会社各社がそれぞれ勝手にこの仕事を進めてしまうと、クレジットカードのサービスは混乱をきたしてしまいます。

同じカードでもAという店で使えたのに、Bの店では使えないといったことや、日本では使えても、海外では使えない、といったことが起きてしまいます。そこにカードの便利性はありませんよね。

そこで、国内だけでなく世界レベルでいつでもどこでもカードが使えるよう、共通の規格やシステムをつくり、仕事を円滑化できるよう、VISAやMastercardといった国際ブランドがクレジットカード取引の流れを仕切るようになったのです。

日本発の国際ブランドであるJCBを除く4つはアメリカ生まれです。
取扱高の世界シェアは、VISA59.1%、Mastercard27.8%、アメックス10.9%、JCB1.3%、ダイナース0.9%と、VISA、Mastercardで90%近くを占めています。(出典は日経2005年7月19日朝刊より)

現在世界中でクレジットカード(お金の代わり)として認められ、かつ国内で申込可能なのは、この5ブランドのみです。
つまり、この5ブランド以外のカード会社は、正確にはこの5社のブランドマークを「借りて」カードを発行しているのです。

クレジットカードの発行元分類(系列)

こんにちは♪ まゆきママです♪ クレジットカードについて知ってみると、とても奥が深くておもしろいです♪ 普段何気なく使っていますが、もっと上手に使う方法をいろいろと勉強できています♪ そのうち記事にしますので、楽しみにしていてくださいね! さて、ここではクレジットカードの系列について書きますね。 クレジットカードを発行する会社の業態によって、下記のように分類されています。
また、それぞれの業態によって様々な特典が付加されています。

●銀行系クレジットカード
銀行系の系列子会社が発行しているカードで、クレジットカード発行枚数の4割を占めています。
利用できる加盟店が多く、審査が厳しいのが特徴です。
例:JCBカード,三井住友カード,DCカード,UFJカード,シティカード

●信販系クレジットカード
信販会社が発行するクレジットカードです。
例:日本信販(NICOSカード)など。
VISA・Mastercardといった国際ブランドマークの他に、国内専用のブランドを有しています。

●流通系クレジットカード
スーパー、百貨店等の流通業社が発行するクレジットカードです。
例:イオンカード、セゾンカードなど。
顧客の固定化を図ることを目的として発行されているので、割引サービス等の特典も多く、年会費が安い(または無料)のが特徴です。

●消費者金融系クレジットカード
消費者金融会社が発行するクレジットカードです。
例:アイフルMastercard® 、アコムMastercard® など。
通常のキャッシング専用の会員カードのオプション的に発行されるため、年会費無料。また、決済時ではなく支払い時に「一括払い」と「リボルビング払い」が選択できるなど、独自のサービスを展開しているカードもあります。

●メーカー系クレジットカード
家電メーカー、乗用車メーカー等が発行するクレジットカードです。
例:ホンダCカード、マツダm'zカード、My Sony Card(マイ・ソニー・カード)など。
流通系クレジットカードと同様、顧客の囲い込みを狙うと共に関連商品のクレジット販売の取扱いを行なうために発行しており、メーカーならではの特典が受けられます。

●石油系クレジットカード(オイルカード)
ガソリンスタンド(石油会社)が発行するクレジットカードです。
例:コスモ・ザ・カード、シナジーJCBカードなど。
「ガソリンカード」「オイルカード」などとも呼ばれ、発行元のガソリンスタンドで利用すると、利用額に応じて割引などが受けられます。

スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
Copyright (C) クレジットカード防犯のポイント! . All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。