FC2ブログ
クレジットカード防犯のポイント! TOP  ≫ クレジットカードに関する用語集

クレジットカードに関する用語集

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クレジットカードに関する用語集 あ行

●ICカード (あいしーかーど)
IC(集積回路)の載ったカードのことです。磁気カードに比べ新聞紙1枚分ものデータを記憶できます。またカード解析が難しく、偽造が大変困難という、安全性に優れている点が特徴のカードです。


●暗証番号
カードを使用する際、本人以外の不正使用を防ぐ目的で契約時に届けでる番号のことです。
カード犯罪多発により、最近は簡単な番号での登録が困難になっています。誕生日や電話番号で暗証番号を登録し、カード犯罪に遭った場合の全額保障に応じない金融機関もあるので注意が必要です。
※特に、以下の数字は絶対使用しないでくださいね。
★自分の生年月日★自宅・勤務先の電話番号★住所の番地★1111、2222など同じ4桁の数字


●一括払い
利用した代金を次の支払日に1回で全て支払う方法で、金利はかかりません。

●売上伝票
クレジットカードを利用した際に、店員さんからサインを求められる紙(伝票)のことです。ちなみに3枚複写。『ジャーナル』とも呼ばれています。

●延滞
約定返済日までに支払いをしない事。民法では「履行遅滞」にあたる。
短期間の場合はさほど問題にはならないが、3ヶ月以上にわたり延滞すると、いわゆるブッラクリストに載るので気をつけること。






スポンサーサイト

クレジットカードに関する用語集 か行

●カード更新 (かーどこうしん)
所有するクレジットカードの有効期限が切れる少し前に、新しい有効期限の入ったカードが発行されてきます。通常は自動更新され、新しいカードが自宅に送られてきます。


●カード盗難保険 (かーどとうなんほけん)
クレジットカードやキャッシュカードが盗難・詐欺・横領されたり、または紛失し、他人に不正使用され現金を引き出された場合、その損害を保障する保険のこと。各金融機関により内容、補償額は異なります。


●会員規約(かいいんきやく)
クレジットカード会社が、カード会員に対して設けている決まり事のことです。

●会員サービス(かいいんさーびす)
クレジットカード会社がカード会員に対して提供する各種サービスのことをいいます(チケット予約、保険、割引、ポイントサービスetc)。


●家族カード(かぞくかーど)
会員本人のカードを家族(基本的には同居している配偶者や高校生以外の18歳以上の子・退職後の親など)が利用するための追加カードのこと。
一般的に不利とされる人(無職・専業主婦などで収入が無い・有ったとしても不安定な者など)でも会員本人の信用でその家族名義で発行されます。


●加盟店(かめいてん)
クレジットカードが使える店舗のことをいいます。
加盟店はクレジットカード会社と契約し、クレジットカードでの決済額に応じて、加盟店手数料をクレジットカード会社に支払います。店舗の入り口などに、どのブランドが使用できるかのシールが貼ってあります。

●キャッシング(きゃっしんぐ)
現金自動預払機(ATM)・現金自動支払い機(CD)などで、金融機関からお金を借りることです。
今では、インターネットや携帯電話でも気軽に申し込むことができます。
昔はサラ金、借金という呼び名でしたが、キャッシングという言葉が広まるにつれ、消費者金融などから借りることへの抵抗感が薄れてきたと言われています。
当たり前のことですが、呼び名は変わっても借金には変わりありません。


●金利(きんり)
お金を借り入れた際に発生する賃借料で、利息を元本で割った割合で表示します。
例:100万円(元本)を借りて利息が年率10%の場合、一年間で利息だけで10万円を支払うことになります。


●グレーゾーン金利 (ぐれーぞーんきんり)
利息制限法の上限金利(元本金額により年15~20%)と刑事罰の対象となる出資法の上限金利(年29.2%)との間の金利のことで、年15%(20%)~29.2%の間の金利のことを指します。
貸金業では、利息制限法の制限を超えて設定された金利は基本的に無効なのですが、緊急時には上限以上の利息を払ってでも借りたい場合がありますよね。そういったケースでは、貸金業者に「契約書」や「受領書」を渡せば、利息の支払いを有効とみなすという「みなし弁済」規定が貸金業規制法(貸金業の規制等に関する法律)の第43条にあり、グレーゾーン金利で貸し付けることが暗黙のうちに認められてきたのです。
利息の上限が2つの法律によって異なる所から起こった問題です。
近年、この払いすぎた利息分を返還するよう求めた裁判では、原告側の勝訴が相次いでいるほか、法律の見直しによりグレーゾーン金利は廃止の方向に向かっています。2006年7月、自民党の金融調査会などは、上限金利について、利息制限法の上限である年20%への引き下げを基本とすることで大筋合意したとのことです。



●国際カード(こくさいかーど)
国内外で使用できるクレジットカードのこと。現在は「VISA」「MasterCard」「JCB」「アメリカンエキスプレス」「ダイナーズクラブ」 の5つが日本で主に手に入れられる国際カードとなっています。







クレジットカードに関する用語集 さ行

●実質年率(じっしつねんりつ)
年間通してかかる利率の事です。


●実質金利
実際に支払う金利の事です。
キャッシング系では実質年利や実質年率で表示しています。
また現在キャッシングでの返済方法も様々あり、返済の種類や返済期間・借入金額などによって、金利は一緒でも返済総額の上下がありますので注意が必要です。


●支払方法(しはらいほうほう)
クレジットカードで買い物をした際に、支払う方法のこと。
『一括払い』『分割払い』『リボルビング払い』『フレックス払い』等があります。


●借金(しゃっきん)
お金を借りること。キャッシングともいいます。


●上限金利(じょうげんきんり)
法律で決められている金利水準の上限のこと。
現在2つの法律があり、利息制限法の上限金利は元本が10万円未満の場合年20%、元本が10万円以上100万円未満の場合年18%、元本が100万円以上の場合年15%。
一方出資法の上限金利は年29.2%。


●スマートカード (すまーとかーど)
ICを埋め込んだ高機能カードのこと。ICカードとも呼ばれています。CPUやメモリ、セキュリティ回路といったICチップを組み込んだクレジットカード大のプラスチックカードのこと。






スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
Copyright (C) クレジットカード防犯のポイント! . All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。