スキミングとは?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
タグ:タグは付けられていません。
こんにちは! まゆきママです♪ 今日はスキミングのお話です。 盗難、紛失によりカードを不正利用されたときよりもさらに深刻なのが、スキミングによる偽造です。 本人のまったく知らない間にクレジットカードが使用され、ある日突然、身に覚えのない請求書が届くのです。 彼らは一体どこで自分のカードがスキミングされたのか、まったく身に覚えがない場合が殆どなのです。
●スキミング犯罪とは

他人のクレジットカードやキャッシュカードの磁気記録情報を「スキマー」と呼ばれる、カード情報を不正に読み取る装置を用いて情報をコピーする犯罪行為のことをいいます。

スキミングは、カードの盗難と違い、カード自体は持ち主のそばにある状態のため、実際の被害に気づきにくいという特徴があります。つまり、不正に使用され、本人に請求があってから初めて気づくということで、そういった意味では、盗難よりもより巧妙で悪質な犯罪となっているのです。

●こんな時があぶない!(スキミングの危険があります)

・家を留守にしている間(空き巣被害など)
・スポーツクラブや温泉施設などのレジャー施設でロッカーに貴重品を預けている間など
・エステティックサロンでの施術や、マッサージを受けている間など
・レストランなどで上着を壁にかけたり、鞄を椅子の下に置いているときなど
・海外旅行先で、ホテルのフロントやセーフティーボックスに預けているとき。またスリや強盗にも。

日頃からカードの管理には万全を期し、何かおかしい、と感じたときは、すぐにカード会社に連絡を取り、調べて貰うことが大切です。

スポンサーサイト
スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) クレジットカード防犯のポイント! . All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。