ICカードの特徴

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
タグ:タグは付けられていません。
こんにちは!
まゆきママです♪

このブログでは、クレジットカードの防犯術について書いています。

国民の多くが持っているクレジットカードを上手に使いこなし、犯罪に巻き込まれないような智慧を持っていただけましたら、とても嬉しいです。

さて、今日の本題です。
クレジットカードのなかでも、ビザやマスターといった国際ブランドにとっての最大の敵は、スキミングや改ざん、不正使用などを行うカード犯罪者たちです。

ここ最近、犯罪者の手口は年々大規模に、また巧妙化していますが、国際ブランドカードもそれに負けじと様々な手段で対応策を練っています。

なかでも、代表的なクレジットカード防犯対策は、ICカードです。
ICカードとは、IC(集団回路)の載ったカードのことで、セキュリティ面で従来の磁気ストライプとは比べものにならないほどの高い性能を発揮します。

いままでの磁気ストライプでは、72文字のデータしか記憶できませんでしたが、ICカードは実に8000文字以上ものデータを記憶できるようになっています。
その大容量を使い、様々な安全策が講じられるようになったのです。

ICカード化が進んでいる国として、フランスが挙げられます。フランスでは、89年~98年の10年間にかけてのICカード化により、不正被害が約68%も減ったそうです!! 驚きですね!!
この数字からもICカードがクレジットカード犯罪の方面で劇的な効果をもたらすということが分かりますね。
スポンサーサイト
スポンサードリンク
★ここに広告を貼り付ける★
タグ:タグは付けられていません。
Copyright (C) クレジットカード防犯のポイント! . All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。